滋賀大津、2年連続6度目の出場決めた!…第50回春季全国大会滋賀県・京都府・奈良県支部予選

2年連続出場を決め大喜びの滋賀大津ナイン
2年連続出場を決め大喜びの滋賀大津ナイン

◆第50回春季全国大会 滋賀県・京都府・奈良県支部予選 ◇小学生の部▽決勝 京都洛北ボーイズ1―8滋賀大津ボーイズ(14日・伏見桃山運動公園野球場)

 「第50回春季全国大会」の滋賀県・京都府・奈良県支部予選(小学生の部)の決勝が14日行われ、滋賀大津ボーイズ(滋賀県支部)が優勝。2年連続6度目の出場を決めた。

 エース・増田が最後の打者を三振に仕留めると、滋賀大津ナインはマウンドへ駆け寄り「NO1」のポーズで歓喜の輪をつくった。「絶対に勝ちたかった。最後に打たれたので80点です」。右腕は謙遜したが、6回を3安打1失点(自責0)と見事な投球で、チームを4季連続の全国大会出場に導いた。

 「背番号1」を打線が援護したのは2回だ。2死から、山中陽がインハイの速球を強振し、左翼線を破る先制のランニング本塁打。打撃好調で川崎監督から先発に抜てきされた5年生は「好きなコースだったので、体が反応した。うれしかった」と自身3本目の本塁打を笑顔で振り返った。

 3回には望月の右前打を足掛かりに井野、増田のタイムリーなどで3得点。4回にも山口が適時打、6回には山口、井野が適時打するなど3点を奪いダメ押した。

 完勝に山中悠主将は「チームもまとまってきているし、去年の悔しさを晴らしたい」と宣言。冬の間に鍛え、まずは昨年の8強超え。さらには初制覇も視野に上京する。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請