【あの時・日本レコード大賞<1>】橋幸夫「潮来笠」ヒットで急きょ新人賞

スポーツ報知
レコ大で初めてデュエットが実現した吉永小百合と橋幸夫

◆橋幸夫(60年新人賞、62・66年大賞)前編

 “大みそかはレコ大と紅白”がお茶の間の定番だった。1959年にスタートした日本歌謡界最大の音楽イベント「日本レコード大賞」が今年、令和に入って第1回目となる。レコ大が誕生した草創期に活躍した橋幸夫(76)や梓みちよ(76)をはじめ「五・八戦争」で話題となった五木ひろし(71)や八代亜紀(69)、初の連覇を果たした細川たかし(69)ら12組の歌手や作家が当時を振り返る。(この連載は2018年12月にスポーツ報知掲載の復刻)
 ※「第61回日本レコード大賞」は12月30日午後5時半からTBS系で放送される。

 まだ世間の認知度が低かった1960年、2回目のレコ大で異変が起こった。大賞以外の部門賞は少ない中、この年に急きょ新人賞が設けられた。橋のデビュー曲「潮来笠」の爆発的なヒットによるものだった。

 「僕が新人賞の1号なんです。そもそもそんな賞はなかったですよ。この年は『誰よりも君を愛す』(松尾和子/和田弘とマヒナスターズ)が大賞でしたが『潮来笠』でいきなり売れ始めちゃってね。『大賞はまだ早いけど、この子に何かしたいよね』って話が上がって、新人賞なるものをいただいたようです」

 橋をブレイクさせるためビクターは作戦を練っていた。本人も驚かされた秘策とは。

 「7月5日のデビュー1か月前に『ロッテ歌のアルバム』という生放送の超人気番組に出ました。まだ衣装も決まっていなくて真っ赤なブレザーに白いパンツでネクタイでした。イントロが鳴って緊張しながら下手から出ていくと『キャー』という歓声が上がったんですよ。デビュー前の僕が知られているはずはないのに、紙テープまで飛んできてよけながら歌いました。ビクターの担当に聞いたら『後でゆっくり話すから』って。メーカーが仕込んでいたんですよ。それから『あの若者は誰だ』ってなって、デビュー1か月後に人気者になっていました。それでレコ大新人賞に紅白出場ですから、まったく驚天動地という感じかな」

 ―当時、レコ大は知っていた?

 「2回目ですからまだ全然知らないですよ。お水さん(水原弘)の『黒い花びら』は知っていたけど、まだできたばっかりの賞ですからね。僕はまだ無我夢中でビクターの人から『新人賞というのを取れたぞ』っていう感じですよ。うれしいとかすごいとか全然思っていなかった、正直。実感がわいたのは後からですね、4回目からちゃんとした新人賞ができて、その時はサブちゃん(北島三郎)なんですね。僕この年に大賞取っていますが、この時はレコ大のイメージはありました」

 大賞受賞曲「いつでも夢を」は吉永小百合とのデュエット。大賞の報告は2人が共演した同名の映画のロケ中だった。

 「荒川の土手で、ロケで僕と小百合ちゃんと浜田みっちゃん(光夫)の3人のシーンの時に日活の宣伝部の社員が『おーい、レコ大取ったぞ』って手を丸にしながら来ました。撮影しながら『これがレコ大になったら正月映画もすごくなるね』って言っていたタイミングで、日活の人は大喜びだったね。これね、授賞式の当日は面白かったの。夕方に会場の日比谷公会堂に行くと、作曲家の先生方が通りすがりの人に『これ、今日発表なんです。無料です』とチラシを配っているワケ。PR不足でお客が入っていないのよ。橋、小百合がただで見られるワケですから、それなりに人は入りましたがね。小百合ちゃんも忙しくてこのステージで初めて一緒に歌いました。幸いハーモニーもないしユニゾンですから大丈夫でしたね」(構成=特別編集委員・国分敦)

 ◆橋幸夫(はし・ゆきお)本名・橋幸男。1943年5月3日、東京都出身。76歳。中学2年から歌を作曲家・遠藤実さんに師事。高校1年でビクターのオーディションに合格し作曲家・吉田正師のもとで60年「潮来笠」でデビュー。同曲で日本レコード大賞新人賞を受賞。「いつでも夢を」「霧氷」で2度のレコード大賞を受賞し、舟木一夫、西郷輝彦らとともに「御三家」として人気を集める。

◆実家呉服屋から急に着物で歌唱

 デビュー後は公私にわたってバタバタな目の回るような日々だったという。 「デビュー前はスーツで歌いましたが、発売1か月後に国際劇場で歌った時は着物でした。そうなったのは逸話があるんですね。最初は背広で、マルベル堂のプロマイドも背広姿で撮ってます、グリーン一色のジャケット。でも『実家は呉服屋だよな』って話になり『着物がいいんじゃないか』と急に変わりました。学校も『すぐに早退しろ』って話になって、午前中、学校行ってすぐに仕事に行くのが8月の後半から始まったんですよ。オヤジやお袋や兄弟じゅうがどうしようって慌ててました。中学の卒業式も卒業証書をもらいにお袋に行ってもらったくらいでした」

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×