北陸に女子野球社会人チーム誕生へ…女子プロ退団の加藤優にオファー、監督は元巨人・高橋洸氏

埼玉アストライアを退団した加藤優
埼玉アストライアを退団した加藤優
立山町の室内練習場を訪れた元巨人の高橋氏
立山町の室内練習場を訪れた元巨人の高橋氏
2016年の巨人宮崎キャンプで走塁練習する高橋氏
2016年の巨人宮崎キャンプで走塁練習する高橋氏

 社会人女子硬式野球クラブチーム「バンディッツ・ガールズ」が来春、富山市に誕生する。社会人男子チームのバンディッツ・ベースボールクラブなどを運営する株式会社フールケア大地が設立。監督には元巨人外野手の高橋洸氏(26)を招へいし、約20人の選手でスタートする計画だ。初年度から公式戦に出場し、全日本女子硬式クラブ選手権などで優勝を目指す。

 監督に就任する高橋氏は13日、富山県立山町にある室内練習場を訪問。「野球をする女性は増えている。男性にも負けないような元気のあるチームにしたいですね」。県内外の高校生、大学生、経験者のほか、即戦力選手として、11月に埼玉アストライアを退団した女子プロの加藤優外野手(24)にもオファーを出している。最初は20人前後の選手でスタートする予定だ。

 フールケア大地では、地元選手の育成、介護事業の人材育成などを目的に女子チーム結成を計画。同社では社会人の男子チーム、小・中学生のバンディッツ・ヤングに続き、3チーム目の創設となる。

 初代監督に白羽の矢が立った高橋氏は、今春からは一般企業に就職していたが、指導者への道も探る中で関係者を通じて、監督のオファーを受けた。「女子と男子はパワーは違うが、ハツラツしたプレーや泥臭さはそん色ない。指導での言葉遣いは違うと思うが、楽しみの方が大きい」と話す。家族と共に富山に移住して指導に専念する予定だ。

 早ければ年明けに全日本女子野球連盟に加盟申請して3月に始動する。目標は全日本女子硬式選手権や全日本女子硬式クラブ選手権で優勝すること。「思いっきり、全力でプレーして欲しい。女子プロにも勝ちたいですね」と高橋氏。大きな目標を掲げ、富山から第一歩を踏み出す。(中田 康博)

 ◆高橋 洸(たかはし・こう)1993年4月30日、新潟市出身。26歳。日本文理では3年春夏に甲子園出場。11年のドラフトで巨人から5位指名を受けて入団。1軍出場はなし。17年に戦力外通告を受け、18年に深谷組に入社し、同年に引退。185センチ、77キロ。

埼玉アストライアを退団した加藤優
立山町の室内練習場を訪れた元巨人の高橋氏
2016年の巨人宮崎キャンプで走塁練習する高橋氏
すべての写真を見る 3枚

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請