【ロッテ】福田、入団会見で7番披露「この番号に見合う選手になっていきたい」

入団会見し、「雪見だい福田」のボードに笑顔の福田秀平
入団会見し、「雪見だい福田」のボードに笑顔の福田秀平

 ソフトバンクから国内フリーエジェント(FA)権を行使し、ロッテに移籍した福田秀平外野手(30)が15日、千葉市内のホテルで入団会見を行った。

 出来高込みの4年総額6億円(推定)の大型契約で背番号は昨季までチームリーダーだった鈴木大地が背負った「7」を継承する。

 福田は決意に満ちた表情で語り始めた。「いろいろなことはある。最終的に井口監督、鳥越ヘッドコーチに何度も電話をもらえた。それがうれしかった。井口監督から『待ってるよ』と言われた時がうれしかった」と移籍の決断理由を説明。これまで西岡や鈴木ら主将を務めた看板選手が背負った7番をつけることについては「これまで偉大な選手がつけていた番号。よりいっそうこの番号に見合う選手になっていきたい。(ソフトバンクを)出て行く時は覚悟をしてきたつもり。来季は井口監督の胴上げ、優勝するために、精いっぱい頑張りたい」と決意を口にした。

 ロッテの看板商品「雪見だいふく」が好物で「レンジで6秒、チンするとおいしい」と、笑顔。独特のこだわりも明かし笑いを誘った。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×