【巨人】原監督、サンチェスは菅野と「競い合え」先発ローテ2本柱に指名

巨人との契約正式合意が発表されたサンチェス
巨人との契約正式合意が発表されたサンチェス
巨人の来季先発候補
巨人の来季先発候補

 ハワイV旅行中の巨人・原辰徳監督(61)が13日(日本時間14日)、正式契約合意が発表されたエンジェル・サンチェス投手(30)をエース・菅野のライバルに位置づけ、先発ローテの「2本柱」に指名した。最速158キロの直球に多彩な変化球を誇る本格派が今季、韓国SKで17勝をマーク。日本球界未経験の投手では、球団史上最高額の年俸3億4000万円(推定)で招き入れた新助っ人の1年目を、巨人担当・西村キャップが占った。

 原監督の期待の大きさは、絶えない笑みから容易にうかがうことができた。優勝旅行で滞在中のハワイ。13日に正式契約合意が発表となった新外国人のサンチェスについて、求める役割を聞いた。「いやもう、智之と競い合ってほしいね。そうすれば、そこそこの成績が出るでしょう」。まだ会ったことすらないという新助っ人に対し、エース・菅野にも刺激を与えられる存在として「2本柱」に指名した。

 サンチェスは最速158キロを誇る右の本格派。変化球も鋭いカットボール、スライダー、チェンジアップを武器に今季、韓国SKでリーグ2位タイとなる17勝5敗、防御率2・62、165イニングで被弾はわずか2本のみと圧倒的な成績を収めた。「やっぱり、いいコンディションだったらそこそこやると思う」と原監督。アジアの野球を知っているのも頼もしい。

  • ゴルフ場でカートに乗り、移動する原辰徳監督(カメラ・橋口 真)

    ゴルフ場でカートに乗り、移動する原辰徳監督(カメラ・橋口 真)

 実は原巨人にとって、追いかけ続けてきたターゲットだった。FAになる予定のなかった昨オフも、万が一に備えて獲得リストに挙げていた。今夏の時点で原監督は映像を確認。今季、韓国リーグ・斗山で20勝を挙げて最多勝、MVPに輝いたリンドブロム(ブルワーズと3年契約)よりも高い評価を与え、投手補強の最上位級に位置づけた。推定年俸3億4000万円というG助っ投史上最高額を提示するなど熱意を見せ、メジャーとの争奪戦を制した。原監督も獲得成功の一報を耳にした時、「一番欲しい選手が獲れた」と周囲に話していたという。

 チームに溶け込む上で、追い風もある。現状で来季の支配下の外国人陣容は、サンチェスと同じドミニカ共和国出身のデラロサ、メルセデス、ベネズエラ出身のパーラといずれも母国語がスペイン語圏の選手がズラリ。ブラジル出身のビエイラの母国語であるポルトガル語も、スペイン語によく似て通じる部分がある。

 「スペイン語をしゃべれる選手たちが多いし、同じドミニカンもいるし。そういう点では早く順応しやすいんじゃないかな」と原監督。悪く言えば気分屋が多い印象のラテン系選手にとって、気兼ねなく母国語で会話できる相手が多ければ、新環境に対応するストレスの緩和にもつながる。ズバリ私が期待したい数字は、菅野と2人で「30勝」。決して高すぎるハードルとは思わない。(西村 茂展)

  • ホールアウトする原辰徳監督(カメラ・橋口 真)

    ホールアウトする原辰徳監督(カメラ・橋口 真)

 ◆巨人先発投手の「2本柱」 80年代、江川卓と西本聖のライバル関係は壮絶で、巨人人気をリード。後に「江川と西本」の題名で漫画化もされた。08年にはグライシンガーが17勝、内海哲也が12勝でリーグ連覇に貢献。17年には菅野智之が17勝、マイコラスが14勝を挙げた。今季は山口俊が15勝、菅野が11勝で5年ぶりのリーグ優勝へ投手陣をけん引した。

 ◆来季のG先発事情メモ

 既に開幕投手が決定している菅野と最速158キロの本格派右腕、新外国人サンチェスはローテ入りが確定。今季8勝の左腕メルセデスも濃厚だ。宮本投手チーフコーチは「フラットな目で見たい」と実績や経験を抜きに適性をテストしていく方針。4番手以降は田口、高橋、桜井、戸郷、畠らの若手で争われるが、誰にでもチャンスはある。

巨人との契約正式合意が発表されたサンチェス
巨人の来季先発候補
ゴルフ場でカートに乗り、移動する原辰徳監督(カメラ・橋口 真)
ホールアウトする原辰徳監督(カメラ・橋口 真)
すべての写真を見る 4枚

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請