【巨人】山口俊、V旅行先ハワイに残ってメジャーからの吉報待つ

プールで優勝旅行を楽しんだ山口俊(カメラ・橋口 真)
プールで優勝旅行を楽しんだ山口俊(カメラ・橋口 真)

 巨人から初のポスティングシステムでの大リーグ移籍を目指す山口俊投手(32)が13日(日本時間14日)、チーム帰国後も優勝旅行先のハワイに滞在し、移籍に備えることを明かした。交渉は代理人に一任しており「あまり気にしていない。僕がどうこう左右できる話じゃない」。12月末まで滞在し、交渉がまとまれば直接向かう予定だ。

 優勝旅行中も「僕自身はオフだとは思ってない」とランニングやジムなどで体を動かしている。DeNAでチームメートだった筒香がレイズと契約合意したが、右腕にも複数球団が興味を示している。「ありがたいことですし、対球団との最終的な交渉までうまくいけばありがたい」と、夢の実現への吉報を待つ。

 ◆ポスティングシステムとは 日本プロ野球から海外FA権の取得前に米大リーグに移籍する制度。選手が契約で保証される額に応じ、所属していた日本球団への譲渡金が変動する。メジャー契約の場合、保証額のうち2500万ドル(約27億3000万円)までの部分の20%、2500万ドルを超えて5000万ドルまでの部分の17.5%、5000万ドルを超えた額の15%の合計となる。契約期間内に獲得した出来高払いの額からも15%が追加で支払われる。マイナー契約の場合は契約金の25%が譲渡金となる。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請