東京五輪マラソン、後半は約10キロ2周で最終調整…IOCと世陸折衷案

 札幌開催となった2020年東京五輪のマラソンで未定のコース後半について、約10キロを2周する方向で関係機関が最終調整に入ったことが14日、分かった。通過する経路の詳細を詰め、20日までに決定する方針。大会関係者が明らかにした。

 マラソンコースを巡っては、前半は20キロのコースを1周することで決まっていたが、後半の22・195キロ分は協議が継続している。14日は大会組織委員会が国際オリンピック委員会(IOC)、ワールドアスレチックス(世界陸連)と合同で札幌のコースを視察し、意見交換した。

 世界陸連は約7キロを3周する案を希望していたが、関係者によると、約10キロを2周する案は前半の経路と重なる部分が多く、準備や運営の負担が軽減される利点がある。組織委は当初、前半と同様に約20キロのコースをさらに1周する案を検討していたが、双方が歩み寄る形で決着を図る見通しとなった。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請