【日本ハム】杉谷、1000円札つかみ取りで選手最低の36枚…黄金の“右”磨き直す

1000円札が入った容器をいとしげにみつめる杉谷
1000円札が入った容器をいとしげにみつめる杉谷

 日本ハムの杉谷拳士内野手(28)が“黄金の右”を磨き直す。14日、札幌市の狸小路商店街で年末恒例の現金つかみ取りにゲスト出演。30秒で丸い容器の中の1000円札を何枚つかめるか。参加した新婚夫婦の“助っ人”として利き腕の右を繰り出したが、過去参加した選手最低記録となる36枚。泣きの1回で再挑戦し、47枚としたが「ご夫妻に申し訳ない」とうなだれた。

 過去最高・矢貫の103枚に遠く及ばなかった杉谷の右―。両打ちの背番号2にとっても、今季は右打席が鬼門だった。左は2割3分6厘も、右では1割7分7厘と低迷。元々は右打ちも高校3年でスイッチに転向。テレビ企画で他球団の選手から、苦手とされてきた「左で打てや!」の挑発を受けたこともあるだけに、本職の右の不振は想定外だった。「落ちる系の球に対応できていなかった。(球の)見方、打ち方を変えていきたい」と、今オフは再び右打ちを磨き直す決意だ。

  • つかんだ1000円札を豪快にかごにたたき込む

    つかんだ1000円札を豪快にかごにたたき込む

 輝く右でつかみたいのはレギュラーの座と日テレ系「アナザースカイ2」の出演権だ。同番組の大ファンで、25日からはオーストラリア・ブリスベンで3年目の自主トレ。活躍次第では、出演オファーも来るかもしれない。コアラを右手に抱きかかえ「ここが僕のアナザースカイ」と大きな声で叫んでみせる。(秦 雄太郎)

1000円札が入った容器をいとしげにみつめる杉谷
つかんだ1000円札を豪快にかごにたたき込む
すべての写真を見る 2枚

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請