【E―1選手権】菅弾、田川弾、小川2発! 東京五輪世代3人のA代表初ゴールで前半4―0

前半8分、先制のゴールを決め喜ぶ菅大輝(中央)
前半8分、先制のゴールを決め喜ぶ菅大輝(中央)

 ◆東アジアE―1選手権 日本―香港(14日 韓国・釜山)

 3大会ぶりの優勝を目指すサッカー日本代表は、東アジアE―1選手権の第2戦で香港と対決した。DF菅大輝(21、札幌)がA代表デビュー戦での初ゴールで先制するなど、前半を4―0で折り返した。

 前半8分、菅がペナルティーエリア左から強烈な左足ボレーで先制点を決めた。同15分には、左CKからFW田川亨介(20、F東京)が頭で決めて2点目。さらに、A代表デビューのFW小川航基(22、水戸)が同26分に右足ミドルで3点目、同46分には4点目を決め、東京五輪世代の3人がA代表初ゴールを決め、4点を先攻した。

 初戦の中国戦(10日、2〇1)から先発メンバーを総入れ替え。今季JリーグMVPのFW仲川ら7人がA代表デビューを飾り、五輪世代9人が名を連ねた。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請