瀬古リーダー「札幌、暑くなれ~!」 伊藤国光氏と特別講演

特別講演を行った瀬古利彦リーダー
特別講演を行った瀬古利彦リーダー

 防府読売マラソンが15日、山口・防府市スポーツセンターソルトアリーナ前県道発~同陸上競技場着で行われる。第50回大会を記念して、14日には日本陸連マラソン強化戦略プロジェクトの瀬古利彦リーダー(63)と実業団・JFEスチールの伊藤国光監督(64)が特別講演会を行った。

 盟友2人のマラソントーク。9月の東京五輪代表選考会MGC(マラソングランドチャンピオンシップ)から海外勢の躍進、今後の陸上界へと広い話題に及んだ。最も時間をかけて訴えたのは、やはり札幌移転についてだった。

 瀬古リーダー「東京五輪ってありましたっけ? 札幌になったんでしたっけ? なんかね、電車乗っていたらね、『札幌へ』なんて、ネットで見るんですから。瀬古さんの3年間の苦労はどう思います?」

 伊藤氏「日本で一つになって予選会をやるというのはずっと言われてきた。集約できて、みんなの目標になった。記録も飛躍的に上がった。これが五輪でのメダルにつながればばっちり」

 瀬古リーダー「札幌、暑くなれ~!」

 会場の笑いを誘いながら、切実に話した。また、15日のレースにはフル通算100回目に挑むプロランナー・川内優輝(32)=あいおいニッセイ同和損保=も出場する。瀬古リーダーは「マラソンの常識を変えましたもんね。いつでも、何でも一生懸命な姿は本当にすごい」と絶賛した。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請