振分親方(元高見盛)もショック「身も心も強い人だった」…兄弟子の東関親方が41歳で死去

悲しみをこらえ取材に応じる振分親方
悲しみをこらえ取材に応じる振分親方
東関親方(右)と現役時代の高見盛
東関親方(右)と現役時代の高見盛

 大相撲の元幕内・潮丸の東関親方が13日に死去していたことが14日、分かった。41歳だった。昨年末から体調不良のため休場が続いていた。

 この日、東京・葛飾区内の東関部屋では、部屋付きで元小結・高見盛の振分親方が悲しみをこらえながら報道陣に対応。11日に病院に会いに行っていたことを明かし「呼吸器は付けていましたが、聞こえる声で『お疲れさま』と言ってくれた」と振り返った。

 43歳の振分親方の方が年上だが、初土俵は東関親方が1994年春場所で、振分親方は99年春場所。兄弟子との思い出について「兄弟子で景稽古もつけてもらい、胸も出してもらった。身も心も強い人だった。ショックです」と神妙な面持ちだった。

悲しみをこらえ取材に応じる振分親方
東関親方(右)と現役時代の高見盛
すべての写真を見る 2枚

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請