北島三郎、足指7本骨折していた「一日も早くステージに立てるように」

テレビ東京系「年忘れにっぽんの歌」で客席から見守った北島三郎(左から3人目)と(左から)中山秀征、竹下景子、1人おいて徳光和夫さん
テレビ東京系「年忘れにっぽんの歌」で客席から見守った北島三郎(左から3人目)と(左から)中山秀征、竹下景子、1人おいて徳光和夫さん

 歌手の北島三郎(83)が足の指を7本骨折し、全治2か月の重傷を負ったことが分かった。事務所関係者によると、11月20日に東京・八王子市の自宅で転倒。左足の指5本と右足の2本を骨折したという。

 北島は12日に都内で、31日放送のテレビ東京系「年忘れにっぽんの歌」(後4時)の収録に参加。当初は歌う予定だったが、立って歌うことができないため、客席から声援を送った。「今日の『年忘れにっぽんの歌』は何十年間で初めて客席で見させてもらったが、みんな迫力ある歌声でよかったよ」と感想を語った。

 元々、頸椎症性脊髄症の持病もあるが、人生初の骨折。それでも車いすで移動する以外は普段通りの様子という。「治るまでは立って歌うことはできないけど、元気で頑張ってるよ。心配してもらい申し訳ないが、一日も早くステージに立てるようにしたいね」と意欲的。関係者も「仕事には一切、穴を開けておりません」と話した。

芸能

宝塚歌劇特集

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請