元阪急の高井保弘氏が死去 代打で通算27本塁打は世界記録

阪急時代の高井保弘
阪急時代の高井保弘

 通算代打本塁打27本の世界記録を持つ元阪急(現オリックス)の高井保弘(たかい・やすひろ)氏が13日、腎不全のため西宮市内の病院で亡くなった。74歳だった。

 愛媛・今治西高から名古屋日産モーターを経て、1964年に阪急入り。74年には、全パ・野村克也監督に選出されたオールスター第1戦で、史上初の代打逆転サヨナラ本塁打を放った。

 通算成績は1135試合、打率2割6分9厘、130本塁打、446打点。77年には指名打者としてベストナインに輝いた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請