向井理を共演の寺尾聰が絶賛「好きなんだよな」…正月時代劇「そろばん侍SP」

NHK正月時代劇「そろばん侍 風の市兵衛SP」に出演した向井理(左)、寺尾聰
NHK正月時代劇「そろばん侍 風の市兵衛SP」に出演した向井理(左)、寺尾聰

 俳優・向井理(37)、寺尾聰(72)が13日、東京・渋谷のNHKで正月時代劇「そろばん侍 風の市兵衛SP~天空の鷹~」(2020年1月3日・後9時)の会見に出席した。

 昨年5月に放送されたドラマがスペシャルとして正月に帰ってくる。向井は「去年のシリーズで手応えもありましたし、原作の魅力もあります。またやれたらいいなと思います。個人的には色んな出会い、経験ができる作品です」と早くもシリーズ化を熱望した。

 向井演じる“そろばん侍”の唐木市兵衛は、今回は息子の死の真相を探る年配の侍・中江半十郎(寺尾)に仕える。「強力なバディというか、相棒、おやじのような関係で出来た」と話した。

 向井と寺尾の共演は2014年のフジテレビ系の松本清張ドラマスペシャル「死の発送」以来2度目。寺尾は「時代劇はやりたくてうずうずしていたけれど、誰が主役かが大事だった。向井くんは同世代の日本の俳優の中でこれだけクールに涼しく、スマートに演じる人はそうはいない。これをやりたいと思った」と絶賛。「一緒に向かい合って落ち着いて芝居を作っていける。理屈じゃない、相性が一番大事。好きなんだよな」と向井の顔を見てほほえんだ。

 熱いメッセージを受けた向井は「背中で教えてくれる方。たたずまい、居住まいで役柄を成立させる。寺尾さんがいなかったら(ドラマが)存在してなかったと思います」と名優との共演に感謝した。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請