【巨人】戸郷の今年の漢字は翔征の「翔」 「羽ばたけた1年」

今年の漢字を「翔」と記した戸郷
今年の漢字を「翔」と記した戸郷

 巨人の戸郷翔征投手(19)が12日、G球場で堀岡とキャッチボールなどを行い、汗を流した。この日、今年の漢字が「令和」の「令」に決まり、戸郷にも今年の漢字を聞いてみた。

 「今年は『翔』ですかね。苦しい時もあったんですけど、いい感じに波に乗れた1年だった。結構羽ばたけた1年かなと思います」と自身の名前・翔征から1文字をとった。ドラフト6位ながらシーズン終盤に初昇格を果たすと、CS、日本シリーズのマウンドも経験するなど実りあるシーズンとなった。

 一番苦かった場面は日本シリーズ第3戦でリリーフした際、内川に外角低めのカットボールを安打にされた場面を挙げ、「なかなか今まではあれを打たれるってなかった。でもあれもいい経験になりました」と来季への糧にする。今オフには山口がメジャー移籍する可能性もあり、先発陣の1人としての自覚も口にした。「(来季は)1軍定着を目標に。ずっと1軍にいて活躍できる選手はなかなかいない。でもそこを目指してやっていけたらなと思います」と意気込んだ。

緊急アンケート「巨人を語ろう」
 スポーツ報知では「10の質問」を用意し、ユーザーの皆様に巨人に関する緊急アンケートを実施します。集まった貴重な意見を吟味し、巨人・今村司球団社長に渡して意見を伺います。ぜひ、ご投稿ください!
アンケートはこちら

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請