スピードワゴン、公衆トイレで「モラルに反する行為」に遭う…「盗撮は犯罪」と事務所が注意喚起

スピードワゴンの井戸田潤(左)と小沢一敬
スピードワゴンの井戸田潤(左)と小沢一敬

 芸能事務所「ホリプロコム」は12日、公式ツイッターを更新。同社に所属するお笑いコンビ「スピードワゴン」が「モラルに反する行為」を受けたことを明かし、「盗撮は犯罪になります」と訴えた。

 同社ではツイッターに「違法行為に関するお願い」とした文書をアップし、「本日、弊社所属タレントスピードワゴンが京都四条東詰公衆トイレを使用中、モラルに反する行為がありました」と説明。

 「盗撮は犯罪になります」とし、「今後、このような行為を発見した場合、法的対処を含め検討していく所存です。マナーを守って応援してくださる皆様がいる中、このような注意を行うことは心苦しいですが、ご理解の程、よろしくお願い致します」とつづった。

 スピードワゴンはこの日昼にツイッターで「京都にてロケ中~」と報告していた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請