【浦和】宇賀神の「レッズランド」など復興支援クラファン、1日で300万円突破…継続支援求む

「きみのてプロジェクト」の支援を呼びかけた浦和の宇賀神(特定非営利活動法人Effort&Dream提供)
「きみのてプロジェクト」の支援を呼びかけた浦和の宇賀神(特定非営利活動法人Effort&Dream提供)

 J1浦和の宇賀神友弥(31)が台風19号による豪雨で荒川が氾濫し、水没したサッカー場を再生するために発足した、復興支援「#きみのてプロジェクト」が、第一目標だった300万円を1日で突破。第二目標の600万円まであと約40万円となっている。

 10月に関東地方を襲った台風19号の記録的な大雨で荒川が氾濫。自らが下部組織時代にプレーした「レッズランド(さいたま市)」と、地元で自身がサッカー大会「UGAJIN CUP」を開催していた「彩湖・道満グリーンパーク(戸田市)」が水没。「レッズランド」でこれまで活動していた下部組織やなでしこリーグの浦和レディースは付近の学校のグラウンドを借りて現在練習を行っている。関係者によると、ともに修復のために必要な費用は1億円超が見込まれているという。宇賀神は、自身にとってゆかりの深い2つの施設を修復する費用の一部を捻出するため、クラウドファンディングサイト「READYFOR」での資金集めを開始した。

 一口3000円から支援できるこのプロジェクトは当初は300万円を目標金額(期限は来年1月31日)にしてスタート。関心は高く、1日で最初の目標金額300万円を突破した。宇賀神は「12月3日に公開した『#きみのてプロジェクト』ですが、本当に多くの方々にご支援いただき、公開から1日で第一目標(300万円)を達成することができました。本当にありがとうございます!」とコメント。現在は目標額は600万円となっており、11日午後8時時点で559万3000円が集まっている。だが、施設の完全復旧にはまだまだ十分な金額とは言えず、今後は到達するごとに新たな目標額を設定し、継続して支援を募っていく。

 宇賀神のこのプロジェクトには橋岡大樹、荻原拓也、関根貴大(以上浦和)、小池純輝(東京V)、山田直輝、岡本拓也(以上湘南)、加藤順大、エスクデロ競飛王(以上京都)、矢島慎也(G大阪)、堤俊輔(鹿児島)が賛同。各選手がリターンとしてサイン入りのユニホームやスパイクなどを提供している。「今回のプロジェクトの募集期間は、まだ約2か月も残っております。引き続き、挑戦を続けていきたいと考えています。一人でも多くの皆さんと一緒に、『レッズランド』と『彩湖・道満グリーンパーク』の早い復興を目指し、子どもたちが練習を再開できるよう、ご協力よろしくお願いいたします」と宇賀神はさらなる支援を呼びかけた。

 同プロジェクト支援サイトはhttps://readyfor.jp/projects/kimipro

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請