和歌山南紀、接戦制し2大会連続優勝…第5回和歌山岩出大会

優勝を決め喜ぶ和歌山南紀・杉本
優勝を決め喜ぶ和歌山南紀・杉本

◆第5回和歌山岩出大会 ◇中学生の部▽決勝 和歌山南紀ボーイズ2―1京都二条ボーイズ(7日・紀三井寺球場)

 「第5回和歌山岩出大会」は7日決勝が行われ、和歌山南紀ボーイズ(和歌山県支部)が京都二条ボーイズ(京都府支部)との接戦を制し優勝。泉州阪堺大会に続き2大会連続Vを飾った。

 2人の右腕が和歌山南紀を2大会連続優勝に導く原動力となった。

 関西秋季大会出場チーム同士の対戦となった準決勝は、河村が京田辺打線を3安打1失点完投。「今日はマウンドが固くて下半身がうまく使えなかったが、6回から調子が出てきた」のコメント通り、最後の打者2人を三振で締めくくった。

 決勝では杉本が2安打1失点で優勝投手に。「コントロールを意識して、最後まで全力で投げ切れた」と納得の表情を見せた。

 和歌山王者として関西秋季大会に臨みながら初戦敗退。力不足を痛感した選手は以後、進んで自主練習の量を増やした。例えば「平日、湯谷コーチの家に近くの選手5人が集まってティー打撃をやっている」と切畑。和田主将は「一致団結してやってきた成果が出ている」と19年を締めくくる優勝に、手応えをつかんでいた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請