体重超過のネリ、WBCランクから除外 ドネアが1位浮上

WBCランクから除外されたネリ
WBCランクから除外されたネリ

 プロボクシングのWBCは11日、最新の世界ランキングを発表し、前WBC世界バンタム級王者で同級1位だったルイス・ネリ(24)=メキシコ=を除外した。

 ネリは11月23日に米ラスベガスで予定されていたWBC世界バンタム級挑戦者決定戦の前日計量で、リミットの53・5キロを約450グラムを上回った。試合を強行するために再計量を受けず、対戦相手の前IBF世界バンタム級王者エマヌエル・ロドリゲス(27)=プエルトリコ=に金銭的解決を持ちかけたところ、拒否され、試合が中止になっていた。

 ネリはWBC王者時代の昨年3月に元王者・山中慎介との世界戦の前日計量で、リミットを約1・3キロ超過し、タイトルを剥奪された前科がある。現在、世界王座統括するメジャー4団体のうち、WBAが騒動を受け、世界ランク入りしていたネリを除外とした。WBO、IBFはランクに入っておらず、事実上、ネリは世界戦線から締め出された形となった。

 代わりに1位に浮上したのは先月7日のワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)決勝で、井上尚弥(26)=大橋=に判定で敗れた元世界5階級制覇のノニト・ドネア(37)=フィリピン=。ドネアには現王者ノルディーヌ・ウバーリ(33)=フランス=への指名挑戦権も与えられた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請