【オリックス】前Dバックスのジョーンズ獲得を正式発表 森川球団本部長「非常にいいニュース」

オリックス加入が決まったアダム・ジョーンズ
オリックス加入が決まったアダム・ジョーンズ
オリックス加入が決まり、福良GM(左)と握手するアダム・ジョーンズ
オリックス加入が決まり、福良GM(左)と握手するアダム・ジョーンズ

 オリックスは11日、DバックスからFAとなっているアダム・ジョーンズ外野手(34)の獲得を正式発表した。背番号は2008年から自身がメジャーリーグで背負ってきた「10」に決定。今季まで背負っていた大城滉二内野手(26)は背番号「9」に変更される。

 2年契約での正式締結にいたった森川秀樹球団本部長は「非常に実績のある選手を獲得できたことは、大変うれしいです。チームにとっても、非常にインパクトがあると思います。課題の得点力アップに直接つながる、非常にいいニュースと思っております」と笑顔で報告。今季のチーム打率は12球団ワーストの2割4分2厘で、本塁打数がリーグ5位の102本。最下位に沈む大きな要因となった打線の立て直しにつながる主砲候補の誕生を喜んだ。背番号については「10番は彼のこだわりがあったので、その期待に応える形で。大城選手も『それならば』と快諾していただけました」と話した。

 ジョーンズは03年のドラフト1巡目でマリナーズに入団。06年7月にメジャーデビューを果たし、08年にオリオールズへ移籍して今季はDバックスでプレーしていた。メジャー14シーズンで通算1939安打、282本塁打の超大物メジャーリーガー。13年にキャリアハイの33発を放つなど、11年から7年連続で25本塁打以上をマークした右投げ右打ちの大砲だ。またゴールドグラブ賞を4回獲得しており守備力も高く、13、17年のWBC米国代表にも選出されている。

オリックス加入が決まったアダム・ジョーンズ
オリックス加入が決まり、福良GM(左)と握手するアダム・ジョーンズ
すべての写真を見る 2枚

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請