稲垣啓太、丸の内パレードでも“笑わず” ラグビーW杯日本代表が行進パレード

パレード出発前にリーチ主将があいさつを行った
パレード出発前にリーチ主将があいさつを行った
パレードでも笑みは見せない稲垣
パレードでも笑みは見せない稲垣

 ラグビーW杯で史上初の8強入りした日本代表が11日、東京・丸の内で感謝パレードを実施した。

 代表31選手全員が丸の内のオフィス街に登場すると大きな歓声。選手たちは複数の班に分かれ、約800メートルを歩いた。“笑わない男”として有名となった稲垣啓太(パナソニック)は、沿道から「笑って~」の声にも当然、笑わずにクールに手を振った。

 パレード前には主将のリーチ・マイケルがあいさつし「初のベスト8を実現することができたのはテレビ、スタジアム、町でブレイブ(勇気)を送ってくれたから。ファンのみなさんのおかげで日本中がONE TEAMになったことがうれしい」と感謝を述べ「日本ラグビーがもっと強くなるようにファンと一緒に頑張って、楽しい、感動を与える試合をするように頑張ります」と、さらなる飛躍を誓った。

パレード出発前にリーチ主将があいさつを行った
パレードでも笑みは見せない稲垣
すべての写真を見る 2枚

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請