【箱根駅伝】駒大、往路も攻める!大八木弘明監督「手応え? ありますよ」

 第96回箱根駅伝(来年1月2、3日)の監督会見が10日、東京・恵比寿ガーデンプレイスで行われ、主催の関東学生陸上競技連盟は出場21チームの登録16選手を発表。連覇を目指す東海大の両角速(もろずみ・はやし)監督(53)は前回Vの再現を予告した。黄金世代と呼ばれる4年生のエース格・関颯人(はやと)や3年連続6区を担った中島怜利(れいり)を欠くが、それほど厚い選手層になったと強調。2年ぶりの王座奪還を狙う青学大の原晋監督(52)は「やっぱり大作戦」を発令した。

 駒大は令和初優勝へ向け、安定感のある4年生を中心に心強い布陣が整った。大八木弘明監督(61)はトークバトルで「久々で緊張してます」と照れながらも余裕が漂う。「往路からしっかりいかないと」と、前回の4位と同レベルのタイムを狙い山下の投入を明言。「復活の駒沢を作らないと。手応え? ありますよ」と笑顔を見せた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請