【箱根駅伝】青学大・原監督、奪冠へ「やっぱり大作戦」発令

トークバトルで「やっぱり大作戦」を発表し笑顔の青学大・原監督(中)(左は東海大・両角監督、右は東洋大・酒井監督=カメラ・頓所 美代子)
トークバトルで「やっぱり大作戦」を発表し笑顔の青学大・原監督(中)(左は東海大・両角監督、右は東洋大・酒井監督=カメラ・頓所 美代子)
青学大・原監督発令の大作戦
青学大・原監督発令の大作戦

 第96回箱根駅伝(来年1月2、3日)の監督会見が10日、東京・恵比寿ガーデンプレイスで行われ、主催の関東学生陸上競技連盟は出場21チームの登録16選手を発表。連覇を目指す東海大の両角速(もろずみ・はやし)監督(53)は前回Vの再現を予告した。黄金世代と呼ばれる4年生のエース格・関颯人(はやと)や3年連続6区を担った中島怜利(れいり)を欠くが、それほど厚い選手層になったと強調。2年ぶりの王座奪還を狙う青学大の原晋監督(52)は「やっぱり大作戦」を発令した。

 前々回、前回と青学大の5区を担った主力の竹石尚人(4年)が左足痛のため11月に戦線離脱。16人の登録メンバーから外れた。誤算が生じたが、原監督はあくまで前向きだった。

 4日に千葉・富津市内の起伏の激しいコースで行われた単独30キロ走。力強く走る選手を伴走車から見ている時に「やっぱり大作戦」がひらめいたという。「やっぱり強い! やっぱり勝てる! やっぱり青学大は強かった、とアナウンサーに絶叫してもらいたい。やっぱり今季の青学大は弱かったというオチは避けたい」と笑顔で話した。

 原監督は本番ギリギリまで竹石の体調を見極めるため、16番目の選手として登録メンバーに入れることも考えていたが、竹石が「青学大の16番目の選手は強い。僕を外してください」と直訴した。主将の鈴木、箱根駅伝未経験ながら絶好調の吉田、中村友ら最上級生が充実。「竹石のために」とチームのムードは高まっている。指揮官は「学生スポーツはやっぱり4年生が中心。いいチームになった」と一転、真面目な表情で話した。

 やっぱり、第2期黄金時代が始まるのか。やっぱり、今回も勝てないのか。青学大の真価が問われている。(竹内 達朗)

トークバトルで「やっぱり大作戦」を発表し笑顔の青学大・原監督(中)(左は東海大・両角監督、右は東洋大・酒井監督=カメラ・頓所 美代子)
青学大・原監督発令の大作戦
すべての写真を見る 2枚

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請