氷川きよし「ボヘミアン・ラプソディ」を日本語カバー…フレディの半生に感動

シースルーの衣装でファンを悩殺する氷川きよし
シースルーの衣装でファンを悩殺する氷川きよし

 歌手の氷川きよし(42)が英国の伝説的ロックバンド・クイーンの代表曲「ボヘミアン・ラプソディ」をカバーすることが9日、分かった。氷川が洋楽をカバーするのは初めて。11、12の両日に行われる「氷川きよしスペシャルコンサート2019~きよしこの夜Vol.19~」(東京国際フォーラム)で初披露される。

 亡くなったフレディ・マーキュリーさん(享年45)のせつない歌声が響く名曲を、演歌界のプリンスが表現する。関係者によると今年3月、日本でも大ヒットした映画「ボヘミアン・ラプソディ」を氷川が観賞し、フレディの半生に感動。それを以前から交流のあった作詞家で音楽評論家の湯川れい子氏(83)に話したことがきっかけになった。クイーンと独自のパイプを持つ湯川氏が9月に原曲に忠実に訳詞をつけ、10月にメンバーと接触。正式に日本語訳詞で歌う許可をもらったという。

 今年、デビュー20年目の節目を迎えた氷川。ライブでパワフルにロックを歌ったり、斬新な衣装でプロ野球の始球式を行うなど「ありのままの自分」を表現している。今回のカバーについて、「『ボヘミアン・ラプソディ』の日本語訳詞を見た時に自分自身の心にスーッと歌詞が入ってきました。命に染みたというか…」とコメントした。

 初披露の場となる「きよしこの夜」は、氷川が一年の集大成として毎年行っている公演。「この素晴らしい楽曲を皆さんの心にもお届けできるよう、一生懸命歌いたいと思います」と意気込んでいる。

 ◆ボヘミアン・ラプソディ クイーンが1975年10月にリリースした曲。アルバム「オペラ座の夜」からシングルカットされた。作詞作曲はフレディ・マーキュリー。英シングルチャートで当時新記録の9週連続1位を打ち立て、全世界で約600万枚を売り上げたとされる。昨年、フレディの半生を描いた同名の映画が公開。日本でも興行収入は130億円を超え、社会現象にもなった。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請