【ヤクルト】20歳の梅野が3倍の3300万円 クローザーに名乗り「心の中では9回投げたい」

契約更改したヤクルト・梅野
契約更改したヤクルト・梅野

 ヤクルト・梅野雄吾投手(20)は9日、都内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、昨季1100万円から3倍となる推定年俸3300万円でサイン。3年目の今季はキャリアハイの68試合に登板し「来年も同じくらい投げて、お金もらって頑張ります。貴重な経験をさせてもらって、自分の中でまず1年、1軍で投げられたことが来年につながると思います」と喜んだ。

 シーズン途中には一時抑えを務め、2勝3敗4セーブ28ホールド、防御率3・72をマークした。来季のクローザー奪取に「気持ちはあります。自分の心の中では9回投げたいって。でも言いません」と思いを封印。

 年内は投げることをセーブしながら来季に備える。「しっかり基礎の部分をトレーニングして、いい感じで年末を迎えて、紅白を見て、年越しそば食べて、初詣行って、キャンプでしっかり体を一つ上(のレベル)に持っていけるようにしたいです」と意気込んだ。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請