【巨人】小林、1億円でサイン 大トリ更改、プロ7年目で初の大台到達

最優秀バッテリー賞授賞式で片岡沙耶さんから表彰される小林(右)
最優秀バッテリー賞授賞式で片岡沙耶さんから表彰される小林(右)

 巨人の小林誠司捕手(30)が9日、東京・大手町の球団事務所で契約更改し、4000万円増の推定年俸1億円でサインした。来季プロ7年目で初めて1億円の大台に到達した。

 小林は今季92試合で打率2割4分4厘、2本塁打、19打点。炭谷、大城と捕手3人併用制の中で先発出場の数はチーム捕手最多で5年ぶりリーグ優勝の原動力になった。

 今季の盗塁阻止率は12球団唯一の4割台となる4割1分9厘で球団史上初となる4年連続セ・リーグ盗塁阻止率1位。主戦捕手としての貢献度を高く評価され、1億円の大台到達となった。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請