【ロッテ】福田、背番号「7」に…過去に西岡、フランコらチームの顔に

 ソフトバンクから国内フリーエジェント(FA)権を行使し、ロッテに移籍する福田秀平外野手(30)の背番号が「7」に決まったことが8日、分かった。15日に千葉市内で予定されている入団会見でお披露目される。

 主将や選手会長を歴任し、「ロッテの顔」と呼ばれた鈴木が楽天にFA移籍。14年から今季まで7番を背負ったチームリーダーのように球団は福田に対して新たな看板選手になってもらいたい―との願いを込め、託すことを決めた。

 井口監督は来季のオーダーについて、1番・荻野との快足コンビとして2番での起用プランを明かしており、「(福田は)引っ張ったりいろんなことができる。バントだけじゃなくても今年の大地みたいにやってくれれば」と鈴木の代役として期待している。

 福田本人が移籍の「決め手」となったと話すソフトバンク時代の恩師・鳥越ヘッドコーチも「あまりウチにいないタイプ。ロッテはおとなしい子が多い。福田は空気を変えられる」と、まな弟子の明るい性格について語るなど、ムードメーカーとしても存在感を発揮しそうな福田。新天地で7番を背負うにふさわしい活躍を見せる。

 ◆ロッテの7番 14年に鈴木が背負った以前ではポスティングでメジャーに移籍した西岡が03~10年までつけた“花形番号”だ。過去には98年にフランコ、99年からは4シーズンで92本塁打をマークしたボーリックが背負うなど近年は好打者がつけている。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請