【巨人】阿部2軍監督、ドラ5山瀬慎之助に期待「名前がいい」

会場を盛り上げる阿部2軍監督
会場を盛り上げる阿部2軍監督

 巨人の阿部慎之助2軍監督(40)が8日、来春キャンプから“鬼軍曹”としてヤングGを鍛え上げることを宣言した。この日、毎年恒例となった札幌市内の居酒屋「北の味 大助(おおすけ)」でチャリティートークショーを行い、「嫌われてもいいと思うし、毎日何かしらの“圧”をかけていきたい」と強調。現役時代と変わらぬ厳しい姿勢でチームの底上げを図る。

 ◇トークショーでは他にも…

 ―捕手・阿部から見て、嫌だった打者と走者は。

 「打者は誰というより、何も考えずに動物的に打ってくる選手が嫌だった。バッテリーと打者は駆け引き。何も考えてない人の方が困った。嫌な走者だと赤星さんですね」

 ―打席の中で考えていることは。

 「打席に入る前のネクストサークルにいる時にこうなったらこうしようとかいろいろなことを考える。だからこの球を待とうかなとか考える。そのためにネクストサークルがある」

 ―期待する捕手は。

 「(ドラフト5位)山瀬慎之助君は名前がいいでしょ。星稜の捕手。あの子は(ヤクルトのドラフト1位)奥川君の球を捕っていたから、周囲の投手よりギャップを感じるだろうけど、そこで調教していくことも大事だぞと伝えたい」

 ―将来的な1軍監督の夢は。

 「来年2軍監督という仕事を頂いたので、まずはそこに全うします。僕も指導者初心者なのでいろいろ大変なこともあります。選手を育てないといけないですし、自分の勉強もしないといけない。まずはそこに集中してやっていきたい」

巨人

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請