クリソベリル、ドバイ・ワールドCへ向け調整

スポーツ報知

 デビューから無敗の6連勝でチャンピオンズCを制したクリソベリル(牡3歳、栗東・音無厩舎)が来春の大目標をドバイ・ワールドC(3月28日、メイダン競馬場・ダート2000メートル)に調整していくことが8日、分かった。

 同馬を所有するキャロットファームの秋田博章代表は「検疫の関係などを考えて、ドバイを本線に考えています」とし、川崎記念(1月29日、川崎)かフェブラリーS(2月23日、東京)を使って向かう方針を示した。また、遠征の候補として挙がっていたサウジC(2月29日)は日本とサウジアラビアの2国間の馬の輸送に関する協定が結ばれていない現状だが、「検疫の規定などが変われば、場合によって」と含みをもたせた。

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×