【日本ハム】近藤が自主トレ先の徳之島で“ピラティス教室”を開講…「まだまだコアが弱いので」

室内練習場で体を動かした日本ハムの近藤
室内練習場で体を動かした日本ハムの近藤

 日本ハムの近藤健介外野手(26)が来年1月から鹿児島・徳之島で行う自主トレで“ピラティス教室”を開催することを8日、明かした。日本ハムの若手野手5人と広島・西川が参加予定で、徳之島での合同自主トレは今オフで3度目。近藤が契約する個人トレーナーが同伴し、練習メニューに取り入れる。「他の選手にもプラスになる。ケガをしない体作りになる」と自身の経験を後輩にも伝えていく。

 近藤は16年オフにピラティスを導入。ヨガに似た動きで、体幹を鍛え姿勢を良くする効果などがある。今季は個人契約したトレーナーを自宅に呼び、ホーム試合前にピラティスで体を調整。故障に悩まされてきた安打製造機は「ケガなく1年できたのは初めて」と効果を実感した。目標の1つ東京五輪を含め、長丁場の来季。「まだまだコア(体の核)が弱いので。オフにしかガッツリできない」。侍での栄冠も視野に、体をいじめ抜く。(秦 雄太郎)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請