AKB最後の1期生・峯岸みなみが卒業発表「自分の力で一から歩んでいきたい」 

峯岸みなみ
峯岸みなみ

 AKB48の峯岸みなみ(27)が8日、東京・秋葉原のAKB48劇場で行われた「14周年特別記念公演」で、グループからの卒業を発表した。

 2005年12月8日のステージデビューから5113日。AKBの歴史を一番よく知る最後の1期生が卒業を決意した。終演直前のMC。「14年を迎えられたのはステージに立っている皆さんのおかげです。これからも胸を張って誇りを持ってほしい」と後輩にエールを送ると「私、峯岸みなみはAKB48を卒業します」と切り出した。いきなりの発表にファンは「え?」と沈黙。劇場の固まった空気に峯岸は「そこ止まっちゃうの?」と笑った。

 「個人的には、(小嶋)陽菜が辞めて同期がいなくなって3度目の周年公演は、寂しい気持ちがあった。でもAKBに甘えてきた部分があった」とこれまで悩んできた思いを告白。「AKBでいることが幸せで、大好きなうちに発表したかった」と卒業を決意した理由を明かした。

 グループ随一のトーク力を持ち、バラエティー番組でも活躍。今後の活動についての詳細は語らなかったが、「自分の力で一から歩んでいきたい」と語った。来年4月2日に神奈川・横浜アリーナで卒業コンサートを行う予定で「色々わがままを聞いてもらうコンサートにします」と意気込んだ。

 峯岸は05年にAKBのオープニングメンバーオーディションに合格。06年の「会いたかった」でメジャーデビューした。13年1月には週刊誌による熱愛報道が発覚し、丸刈りになって謝罪し話題に。同年2月に研究生に降格したが、8月に再び昇格した。これまでの選抜総選挙にはすべて出馬し、10年と12年には自身最高の14位を記録した。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請