岩佐亮佑、左ストレート一撃TKOで王座返り咲き

岩佐亮佑
岩佐亮佑

◆プロボクシング ▽IBF世界スーパーバンタム級(55・3キロ以下)暫定王座決定戦12回戦 〇岩佐亮佑(11回TKO)マーロン・タパレス●(7日、米ニューヨーク・バークレイズセンター)

 IBF世界スーパーバンタム級1位で元王者の岩佐亮佑(29)=セレス=が王座返り咲きに成功した。同級暫定王座決定戦に臨み、同級3位でWBO世界バンタム級王者の経験を持つマーロン・タパレス(27)=フィリピン=を11回1分9秒TKOで下し、暫定王座を獲得した。岩佐の戦績は27勝(17KO)3敗、タパレスは33勝(16KO)3敗となった。

 鮮烈なKO劇だ。11回、プレッシャーをかけた岩佐はロープ際に追い込んだ相手の打ち終わりを狙い、得意の左ストレートを顔面に打ち込み、ダウンを奪った。吹っ飛ばされたタパレスは立ち上がったものの、足元がふらつき、TKO勝利が宣告された。岩佐はリングの中に飛び込んだ師匠の元WBA世界スーパーフライ級王者・セレス小林会長(46)と抱き合い、喜びを分かち合った。

 あこがれのニューヨークでの試合は初回から鋭いジャブを駆使し、相手の出方をうかがったが、強振してくるタパレスに押され気味だった。3回、左ボディーと頭部のバッティングが同時に当たり、先制ダウンを奪取。それでも相手の圧力をジャブやボディーで押し返す一進一退の攻防が続き、苦しい展開だった。

 岩佐は昨年8月にTJ・ドヘニー(オーストラリア)との2度目の防衛戦に敗れて王座から陥落。今年2月にセサール・フアレス(メキシコ)とのIBF同級挑戦者決定戦に判定勝ちを収め、正規王者ダニエル・ローマン(米国)への挑戦決定を待っていた。だが、ローマンの負傷で今回の試合が決定した。

 この一戦は9日午後9時からWOWOWライブで放送される。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請