【巨人】戸郷、凱旋登板へ開幕ローテつかむ…熊本で野球教室

熊本・益城町を訪れた戸郷(左)と立岡
熊本・益城町を訪れた戸郷(左)と立岡

 巨人の戸郷翔征投手(19)が7日、家族の前で“凱旋登板”を目標に掲げた。この日、2016年の大地震で被害を受けた熊本・益城町を訪問し、巨人の社会貢献活動「G hands」の一環で開催された野球教室に参加。自身の両親らも見守るなか、少年らと触れ合った。隣県の宮崎出身の右腕は、来年4月8日に熊本で行われる中日戦での先発について「もちろん! 絶対に頑張ります!」。地元・九州での1軍公式戦初先発を狙う。

 今年の4月17日の熊本での広島戦は、同期入団の高橋が登板。開幕ローテに食い込めば九州での登板が実現する可能性は大いにある。「そこで勝利を挙げられたら一番かな」と、白星もささげる意欲も見せた。

 初めての被災地訪問。16年は高校生だった戸郷も宮崎で揺れを感じているとあって「つらい思いをしているのに…」。子供たちを思いやり、2年目の飛躍を誓った。(玉寄 穂波)

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請