協栄ジムが休会へ…金平会長がオーナーと「金銭トラブル」国内ジム最多の世界王者13人輩出

協栄ジムを休会することを表明した金平会長
協栄ジムを休会することを表明した金平会長

 プロボクシングで具志堅用高ら13人の世界王者を輩出した名門、協栄ジムの金平桂一郎会長(54)が7日、ジムを休会することを表明した。実質的オーナーと同会長の金銭面を含めた確執が原因とみられ、9日に関係先へ休会手続きを申請する。10人以上在籍するプロ選手は今後、移籍先を探すことになる。一方、ジムの公式サイトは報道内容を否定する声明を出すなど、会長とオーナー側の対立が浮き彫りになった。

 突然の休会表明だった。取材に応じた金平会長は「ジム創設から60年の節目の年に、このような事態になり、忸怩(じくじ)たる思い。責任を感じている」と話した。9日にもジム会長らで組織する東日本ボクシング協会に休会届を提出し、統括団体の日本ボクシングコミッション(JBC)にも説明する。

 休会の理由は「ジムの実質的な経営を任せていたオーナーと私で行き違いになり、溝が生まれた」と述べた。原因は「金銭トラブル」といい、先月下旬にオーナー側から解雇を言い渡されたという。

 現在、元世界2階級王者の亀田和毅(28)ら十数人のプロボクサーが所属し、22日の全日本新人王決勝(東京・後楽園ホール)には亀田3兄弟のいとこの京之介(21)と、竹原毅(24)が出場予定。休会となれば、移籍など早急な対応が必要となる。ジム関係者は「昨夜(6日)に聞いて冗談かと思った。選手がかわいそう。決まっている試合には出られるようになってほしい」と困惑気味に語った。

 一方で、7日午後にジムの公式サイトが更新され、報道に触れ「当ジムが発表したものではなく、活動休止を予定している事実もございません」と声明を出した。休会届が受理されれば、所属選手はプロの興行に出場できなくなる。ただ、ジムにはプロ以外の一般会員が約200人在籍しており、業態をスポーツジムに変更すれば存続は可能だ。

 国内歴代最多の13度防衛を誇る具志堅ら13人の世界王者を生んだ老舗ジムの危機。金平会長は活動再開の時期に関し「双方の代理人の協議次第で分からないが、できる限り早く再開させたい」と話すにとどめた。

 ◆協栄ジム 1959年に先代の故・金平正紀会長が前身となる金平ジムを創設し、66年に現在の名称に変更した。現在地は東京・新宿区。ジム初の世界王者となった海老原博幸や具志堅用高らを誕生させた一方で、82年に「毒入りオレンジ事件」で正紀氏が協会から除名や追放処分を受けた(のちに復帰)。99年の正紀氏の死去により、長男の桂一郎会長が後を継いだ。13人の世界王者輩出は国内ジム最多。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請