【DeNA】山崎 少年からの「(体重)115キロ」回答に苦笑い

子供たちと元気よくポーズを取り、記念写真に納まる山崎
子供たちと元気よくポーズを取り、記念写真に納まる山崎

 DeNAの山崎康晃投手(27)が7日、川崎市内の「UNDER ARMOUR BASEBALL FESTA 2019」を開催し、小学生35人に指導などを行った。

 敷地内の店舗で「一日店長」を務めた後、キャッチボールを手取り足取り指導した。その後の「トークセッション」では自身がプロに入るまでの「挑戦」「苦悩」などを具体的に説明。控え投手から、3年時に背番号「1」をもらい母が涙した話や、高卒でドラフト指名されなかった悔しさを胸に亜大の4年間で飛躍したことなどをホワイトボードや写真などを使って小学生にもわかりやすく伝えた。

 質問コーナーでは「どうやって体を大きくしたのか?」と聞かれ「細かったけど、帝京高時代は一食3合の米を食べた」と説明。山崎が「今僕は何キロだと思う?」と少年たちに問うと「80キロ」の答えの後に、別の少年から「115キロ!」と言われ「そんなにはないよ。90キロです」と苦笑いする場面もあった。

 山崎は「貴重な経験になりました。少しずつでも野球人口が増えてくれれば。こういう活動は積極的にやっていきたいです」と話していた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請