【ロッテ】井口監督、山梨で野球教室「継続することが大事」野球人口減少に歯止めに使命感

野球教室を開催した井口監督
野球教室を開催した井口監督

 ロッテ・井口資仁監督(45)が7日、甲府市内で野球教室(主催・山梨放送)を行った。「なかなかプロ野球選手とふれあう機会が少ないと思う。ユニホームを見せてあげることが彼らの刺激にもなると思う。単発じゃなくて毎年継続してやることが大事だと思う。ロッテファンを広げるためにも毎年やっていきたい。技術どうこうよりは、楽しくやってもらうことが大切」と子供たちと接するうえでの心得を説いた。

 毎オフに全国各地で野球教室を開催。野球人口の減少に歯止めをかける使命もあると考えている。「野球界のてっぺんがプロ野球。野球人口の裾野を広げていけることでいろんな選手が出てくる。どこの地域に行っても野球チームが減っていると聞く。野球をやる環境を整備するのも我々の仕事。本来はいろいろと選手を連れてきて教えることも勉強になるので選手たちにもこういう活動をしてほしいなと思う」と自軍の選手たちにも呼びかけ、野球人としての自覚を示した。

野球

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請