橋下徹氏、裁判員が下した死刑判決を控訴審で破棄することに「このままだと裁判員を拒否する者が増えて裁判員制度が崩壊する危険も出てくる」

橋下徹氏
橋下徹氏

 元大阪府知事の橋下徹氏が6日、自身のツイッターを更新。最高裁判事の人事改革を訴えた。

 今月2日には、大阪・心斎橋の路上で平成24年6月、男女2人を無差別に刺殺したとして殺人罪などに問われ、1審裁判員裁判の死刑判決が2審で破棄され無期懲役となった礒飛京三被告(44)の上告審判決で、最高裁第1小法廷(小池裕裁判長)は検察、弁護側双方の上告を棄却した。

 こうした判決を受け、橋下氏はツイッターで「一審の裁判員が下した死刑判決を控訴審の裁判官がひっくり返すことが目立っている。このままだと裁判員を拒否する者が増えて裁判員制度が崩壊する危険も出てくる。これを正すのも政治だ。インテリたちが猛反発する内閣による最高裁判事の人事を断行すべきだ。これが憲法の定め」と訴えた。

 さらに連続ツイートし「裁判員が下した死刑判決を最大限尊重する司法府を望む。そのような司法府を作ってくれる最高裁裁判官を憲法に基づいて内閣が任命すべき。インテリたちは政治の司法介入と騒ぐだろうが、司法府を正すのも政治の任務だ」と主張していた。

社会

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請