ザギトワ意地の今季ベスト79・60点で2位「まだ成長の余地がある」

女子SPで演技するアリーナ・ザギトワ(カメラ・矢口 亨)
女子SPで演技するアリーナ・ザギトワ(カメラ・矢口 亨)
アリーナ・ザギトワ(カメラ・矢口 亨)
アリーナ・ザギトワ(カメラ・矢口 亨)
アリーナ・ザギトワ(カメラ・矢口 亨)
アリーナ・ザギトワ(カメラ・矢口 亨)

◆フィギュアスケート GPファイナル 第2日(6日、イタリア・トリノ)

 女子ショートプログラム(SP)は平昌五輪金メダルのアリーナ・ザギトワ(17)=ロシア=が今季自己ベストの79・60点で2位につけた。

 ルッツ―ループの連続3回転、2回転半、3回転フリップのすべてのジャンプを成功。芸術面を評価する演技構成点は36・46点で全体のトップだった。「シーズンベストだけど、自己ベストではない。まだ成長の余地はある」と話した。

 女子フリーは7日に行われる。

女子SP結果
女子SPで演技するアリーナ・ザギトワ(カメラ・矢口 亨)
アリーナ・ザギトワ(カメラ・矢口 亨)
アリーナ・ザギトワ(カメラ・矢口 亨)
すべての写真を見る 3枚

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請