【阪神】原口がチーム帝京デビュー タカさんと「リアル野球BAN」に念願の初出演

チーム帝京の一員として「リアル野球BAN」に初出演した原口
チーム帝京の一員として「リアル野球BAN」に初出演した原口
「リアル野球BAN」に出演した(後列左から)ゴルゴ松本、DeNA・山崎、阪神・原口、石橋貴明、日本ハム・杉谷、日本ハム・吉岡2軍打撃コーチ(前列左から)ヤクルト・山田哲、広島・鈴木、西武・森と山川
「リアル野球BAN」に出演した(後列左から)ゴルゴ松本、DeNA・山崎、阪神・原口、石橋貴明、日本ハム・杉谷、日本ハム・吉岡2軍打撃コーチ(前列左から)ヤクルト・山田哲、広島・鈴木、西武・森と山川

 阪神・原口文仁捕手(27)が「夢対決2020 とんねるずのスポーツ王は俺だ!!」で名物企画の「リアル野球BAN」に初出演することが7日、分かった。テレビ朝日系列で来年1月2日の午後6時30分から放送される。

 DeNA・山崎、日本ハム・杉谷らと「チーム帝京」の一員として出演を果たし「テレビで見ていた通りの面白さで、最高に楽しかったです。野球をやっていて、この番組に出るのも目標の一つだったんです。しかも先輩方と後輩と帝京のユニホームを着ることができて、本当に幸せだなと思います。絶対に諦めない“帝京魂”をお見せします」とコメントした。

 原口は今年1月24日に大腸がんであることを公表。ステージ3bと診断されたが、6月4日のロッテ戦(ZOZO)で1軍復帰。初打席で適時二塁打を放つと、帝京高野球部の先輩、とんねるず・石橋貴明(58)が本紙の単独インタビューで「タイトルを1つ取るか、優勝するか。大きなタイトルを取って『スポーツ王』でも待ってるぞ! 原口!」と条件つきで出演オファー。大病を克服し、セ・リーグ特別賞の“タイトル”を獲得したことで、今回の共演につながった。

チーム帝京の一員として「リアル野球BAN」に初出演した原口
「リアル野球BAN」に出演した(後列左から)ゴルゴ松本、DeNA・山崎、阪神・原口、石橋貴明、日本ハム・杉谷、日本ハム・吉岡2軍打撃コーチ(前列左から)ヤクルト・山田哲、広島・鈴木、西武・森と山川
すべての写真を見る 2枚

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請