札幌山の手、高校日本代表候補NO8・タモエフォラウが京産大進学

強豪・京産大の推薦試験に合格、闘志を燃やす高校日本代表候補のNO8ヴェア・タモエフォラウ
強豪・京産大の推薦試験に合格、闘志を燃やす高校日本代表候補のNO8ヴェア・タモエフォラウ

 全国高校ラグビー(27日から、大阪花園ラグビー場)に2年連続出場する札幌山の手の高校日本代表候補NO8ヴェア・タモエフォラウ(3年)=ニュージーランド出身=が6日、大学ラグビーの強豪・京都産業大の推薦試験に合格した。

 京産大は関西大学Aリーグで4度優勝(今季4位)。今秋のW杯で活躍したSH田中史朗(34)ら名選手を輩出、札幌山の手出身のロック伊藤鐘平主将(4年)とウィングのニコラス・ホフア(3年)も在籍する。タモエフォラウは「日本代表を多く生んだチーム。主将の伊藤さんは『練習は全国一厳しいと思うが、最後までやり切れば間違いなく成長できる』と。4年後のW杯日本代表を目指したい」と目標を掲げた。

 5歳からバレーボールを始め、ラグビーはオネハンガ中学時代の13歳から。札幌山の手に留学し成長した。昨年の花園(2回戦敗退)でも186センチ、121キロの体格を生かしたパワフルなプレーで活躍、高校日本代表候補入り。W杯では先輩の日本代表リーチ・マイケル主将(31、東芝)の活躍に発憤した。

 7日には花園の組み合わせが決まる。「ボールキャリー(持っての前進)などで勢いを作り、初の8強入りに貢献して高校日本代表入りし、大学生活に弾みをつけたい」と力を込めた。(小林 聖孝)

 ◆ヴェア・タモエフォラウ 2001年11月5日、NZオークランド生まれ。18歳。ラグビーは13歳から。家族は両親と妹3人、弟2人。50メートル走6秒7。186センチ、121キロ。

 ◆関東大学リーグ戦1部へ4人進学

 札幌山の手からは、関東大学リーグ戦1部の大学にも多数合格。フランカー佐々木浩祐(3年)は今季1部連覇の東海大、フランカー原田季弥主将(3年)は流経大、FB西尾陽太(3年)は日大、プロップ長谷川凌介(3年)は専大に進む。原田主将は「大学でもお互い刺激し合って成長、大学日本一に挑戦したい」。佐々木も「一日でも早く出場、高校、大学でも先輩となるリーチ・マイケルさんのように日の丸を背負いたい」と目標を掲げた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請