日本2階級制覇狙う坂晃典 同級生の世界王者・寺地拳四朗と偶然会って“闘魂注入”

健闘を誓い合ったWBOアジアパシフィック・スーパーフェザー級王者ジョー・ノイナイに挑戦する尾川堅一(中)と日本スーパーフェザー級王者・末吉大(右)と挑戦者の坂晃典(左)
健闘を誓い合ったWBOアジアパシフィック・スーパーフェザー級王者ジョー・ノイナイに挑戦する尾川堅一(中)と日本スーパーフェザー級王者・末吉大(右)と挑戦者の坂晃典(左)

 ◆プロボクシング 報知新聞社後援「ダイナミックグローブ」 日本スーパーフェザー級(58・9キロ以下)タイトルマッチ10回戦 王者・末吉大(帝拳)―挑戦者・坂晃典(仲里)(7日、東京・後楽園ホール)

 5度目の防衛戦に臨む日本スーパーフェザー級王者・末吉大(29)=帝拳=に挑む元日本フェザー級(57・1キロ以下)王者・坂晃典(27)=仲里=が6日、前日計量に臨み、ともにリミットで一発クリアした。

 「末吉選手は好青年という印象。それ以上はないです。世界ランカーで強い選手で、今の僕にはもったいないと思っている。それだけに、ここは勝負やな、と」。言葉こそ控えめだが、力がこもっている。「そう簡単に倒せる相手ではないが、パンチ力には自信があるので。どれか当たれば(展開は)変わるやろな」

 この日、WBC世界ライトフライ級王者・寺地拳四朗(27)=BMB=とバッタリ会ったという。関西大の同級生で、オフになっても一緒に練習するほど「めっちゃ仲良かった」そうだ。「計量に向かおうとしていたら、寺地が走ってきて『おーっ』となった。確かに、以前は寺地が先に世界チャンピオンになって、うらやましいなというのがあったけど、それはちゃんと勝っているのだから、当たり前のことですから」と“親友”に刺激を受けている。

 7日の試合は2階級制覇がかかるが、「2階級制覇と聞くと格好いいなと思う。(ベルトを)取って『2階級制覇やで』と言いたい。次を見据えたチャンピオンになりたい」と言葉に力を込めた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請