【巨人】野上、現状維持の1億5000万円でサイン「本当に何も出来なかったシーズン」

10月に左足アキレス腱を断裂した野上は松葉杖をついた痛々しい姿で更改後の会見に
10月に左足アキレス腱を断裂した野上は松葉杖をついた痛々しい姿で更改後の会見に

 巨人の野上亮磨投手(32)が6日、都内の球団事務所で3年契約3年目となる来季の契約更改交渉に臨み、現状維持の1億5000万円でサインした。(金額は推定)

 10月に左アキレスけんを断裂したため、松葉づえ姿で会見に臨んだ。今季は13試合に登板し、1勝2敗1セーブ、防御率3・50。移籍2年目を振り返り「ケガで始まり、ケガで終わるという本当に何も出来なかったシーズンです」と話した。

 今月中に松葉づえと装具が取れる見込み。過去の術例では全治まで約6か月を要する重傷であるだけに、球団からは球宴明けの1軍復帰を要望された。「大変になると思うので前を向いてやるしかない」と話した。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請