【西武】前阪神・森越を獲得へ…源田、外崎の代役の候補に

スポーツ報知
前阪神の森越

 西武が、阪神を戦力外となった森越祐人内野手(31)を獲得することが5日、分かった。

 森越は名城大から2010年のドラフト4位で中日に入団。14年10月に戦力外となり、トライアウトを経て15年から阪神でプレーし、今オフに再び戦力外通告を受けた。守備力が高く、今年の12球団合同トライアウトでは3打数2安打(うち1安打は本塁打)とアピールしていた。

 西武は今季序盤、正遊撃手の源田が右手に死球を受け、戦線を離脱。内野手が駒不足になる時期があった。源田、外崎の二遊間コンビに万が一の事態が起きた場合、代役の候補となり得る。

 辻監督は、森越が中日に在籍した11、14年当時コーチを務めていた。過去に8度、ゴールデン・グラブ賞を獲得した守備職人が指揮を執る西武で、プロ10年目のシーズンを迎える。

 ◆森越 祐人(もりこし・ゆうと)1988年8月11日、愛知県生まれ。31歳。愛知啓成高、名城大を経て、2010年ドラフト4位で中日に入団。14年限りで戦力外となりトライアウトを経て15年から阪神。今季は1軍出場なし。プロ9年間で通算94試合、打率1割1分5厘、9安打、2打点。178センチ、70キロ。右投右打。

西武前 森越獲得へ[0xF60xC0]

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×