立浪和義氏、落合氏と不仲明かすも…乗り越え「人間的にも成長できた」

「殿堂入りを祝う会」で祝福を受ける立浪氏
「殿堂入りを祝う会」で祝福を受ける立浪氏

 中日一筋に22年間現役生活を送り、今年野球殿堂入りした立浪和義氏(50)の「野球殿堂入りを祝う会」が5日、名古屋市内のホテルで行われた。歴代8位の通算2480安打、同1位の487二塁打を誇る「ミスタードラゴンズ」の晴れ舞台を張本勲氏(79)、中日・与田剛監督(54)、佐々木主浩氏(51)、高橋由伸氏(44)、阪神・福留孝介外野手(42)ら約500人が祝福した。

 立浪氏は落合博満氏(65)との秘話も披露した。代打出場が多かった06年途中からの3年半を振り返り「実は、落合監督とあまり関係は良くなかった」と笑わせながら、「日を重ねるごとに落合監督の考え方が分かって一番勉強させてもらった。人間的にも成長できた」と明かした。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請