ナウシカ歌舞伎、昼夜通し完全上演…チケット即日完売、来年2月に映画館上演

ナウシカ役の尾上菊之助。メーヴェに乗る場面は宙乗りで(カメラ・小泉 洋樹)
ナウシカ役の尾上菊之助。メーヴェに乗る場面は宙乗りで(カメラ・小泉 洋樹)
中村七之助演じる皇女クシャナ(右)とナウシカ。女形2人の共演も見どころ
中村七之助演じる皇女クシャナ(右)とナウシカ。女形2人の共演も見どころ
ナウシカが王蟲(オーム)の精(子役)を抱きかかえる場面
ナウシカが王蟲(オーム)の精(子役)を抱きかかえる場面

 宮崎駿原作の新作歌舞伎「風の谷のナウシカ」(25日まで)が6日、東京・新橋演舞場で開幕する。5日、公開リハーサルが行われ、主人公ナウシカ役の尾上菊之助(42)、皇女クシャナ役の中村七之助(36)らが本番さながらの演技を見せた。

 原作漫画全7巻を昼夜通しで完全上演。原作の世界観はそのままに、ナウシカがメーヴェと呼ばれる飛行機に乗る場面は宙乗りで表現される。菊之助は「5年越しの夢が結実します。試行錯誤の連続でしたが、古典(歌舞伎)の力を信じ精いっぱい勤めます」とコメント。

 七之助も「深いところで『いいな』と感じていただける作品になっていると思う」と手応えを感じている様子だ。入場券は即日完売し、見られない人が続出。来年2月14日から映画館で特別上映されることが決まった。

ナウシカ役の尾上菊之助。メーヴェに乗る場面は宙乗りで(カメラ・小泉 洋樹)
中村七之助演じる皇女クシャナ(右)とナウシカ。女形2人の共演も見どころ
ナウシカが王蟲(オーム)の精(子役)を抱きかかえる場面
すべての写真を見る 3枚

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請