井上尚弥が統一ライト級王者と初対面「ロマチェンコが日本にいる違和感があります」

WBO総会で対面したワシル・ロマチェンコ(右)と井上尚弥
WBO総会で対面したワシル・ロマチェンコ(右)と井上尚弥

 プロボクシングWBO総会の祝賀会が5日、東京・文京区の東京ドームホテルで行われ、WBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(26)=大橋=が3階級制覇王者で3団体統一ライト級王者ワシル・ロマチェンコ(31)=ウクライナ=と初対面した。井上はWBOではスーパーフライ級王者として7度防衛を果たしており、祝賀会では今年顕著な活躍をした選手として表彰されたが、壇上に呼ばれると、年間最高選手のロマチェンコとのツーショットが実現した。

 ロマチェンコの印象を聞かれた井上は「同じような体格でライト級の、相当なところでやっている。下半身がしっかりしているんでしょうね。『自分がもし階級を上げたら将来的に(対戦が)なくはないな』と、そういうイメージで見てはいました。階級も違うし、現実的ではないですが…」と話した。

 米国で最も権威のある「リングマガジン」のパウンド・フォー・パウンド(PFP、階級を超えての最強ランク付け)では、2位がロマチェンコ、3位が井上となっている。「(米興行会社大手の)トップランク社と契約してPFPの意味合いというか、それに対する気持ちが変わった。プロとして米国のリングに挑む上で、自分の価値としてみてもらえるものだと思うので」

 WBO新王者ジョンリール・カシメロ(30)=フィリピン=との対戦が取りざたされており、井上も「来年1発目は春に統一戦ができればいい」と話す。「ラスベガスでの試合になると思う。海外での試合で、インパクトを残していく。来年が楽しみです」と意欲を示していた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請