松本人志、お騒がせ吉本興業に「振り返りようがない。首が1周しちゃう」

学生服姿で会見した(左から)月亭方正、松本人志、浜田雅功、遠藤章造、田中直樹
学生服姿で会見した(左から)月亭方正、松本人志、浜田雅功、遠藤章造、田中直樹

 毎年恒例の日本テレビ系「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」の大みそか特番「絶対に笑ってはいけない青春ハイスクール24時!」(31日・後6時半から年またぎで6時間放送)のPR会見が4日、東京・汐留の同局で行われ、ダウンタウン、ココリコ、月亭方正(51)らが出席した。

 紅白歌合戦の裏で、毎年民放トップの高視聴率を誇る人気シリーズの第14作。笑いの刺客として、今回もさまざまな出演者が登場する。ロケはこのほど行われたが、松本人志(56)は「まさか、笑ったらたたかれるとは思ってなかったんで…」と、とぼけて笑わせた。

 今年は芸人の闇営業に端を発した企業運営の問題や、チュートリアル・徳井義実(44)の申告漏れなど、吉本興業がなにかと世間を騒がせる1年となった。今年を振り返り、松本は「吉本のことを振り返りたくても、振り返りようがない。首が1周しちゃうほど」と苦笑い。「楽しく1年を終われたら」と語ると、浜田雅功(56)も「同じ気持ちです」と話した。また、ロケ中に腰椎を圧迫骨折した佐野史郎(64)の出演に関して「詳細は決まっていません」と説明。同局によると、佐野はすでに退院している。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請