ペシャワール会・中村哲さん、銃撃され死亡…アフガニスタンで人道支援活動中

中村哲さんが襲撃された現場。乗っていた車は窓が割れていた(ロイター)
中村哲さんが襲撃された現場。乗っていた車は窓が割れていた(ロイター)

 アフガニスタン東部ナンガルハル州ジャララバードで4日、福岡市の非政府組織(NGO)「ペシャワール会」現地代表で医師の中村哲(なかむら・てつ)さん(73)が乗った車が武装した男らに銃撃され、中村さんが死亡した。日本政府関係者が明らかにした。州報道官によると、同乗していた中村さんのボディーガードや運転手ら5人も死亡した。中村さんはアフガニスタンやパキスタンの国境付近などで貧困層への医療活動に長く従事。今年10月にはアフガニスタン政府から名誉市民権を授与されたばかりだった。

 医師として医療活動だけでなく、アフガニスタンの緑化にも取り組んでいた中村さんが、銃弾に倒れた。

 福岡市内で会見したペシャワール会によると、中村さんはこの日朝、宿舎を出て25キロほど離れたかんがい作業の現場に向かう途中に襲撃されたという。

 ロイター通信などによると、銃撃現場は店舗の前を走る道幅の広い舗装道路。武装した男らが車で近づき、最初にボディーガードを自動小銃で銃撃。その後、運転手や中村さんを次々と撃って車で去った。中村さんらが乗っていたとみられる白いピックアップトラックは、フロントガラスとみられる窓に3発の銃弾痕があり、一部のドアの窓は完全に割れていた。

 胸に銃弾2発を受けた中村さんは、ジャララバードの病院で手術を受けた。州報道官によると、中村さんは更なる治療を受けるために病院から首都カブール北方のバグラム米空軍基地に搬送される途中に死亡したという。

 現地は治安が悪く、中村さんらは安全には細心の注意を払っていた。銃器で武装した警備要員を常に数人配置し、車で移動する際は前後を警護車両で固め、経路も毎回変更していた。

 中村さんの妻・尚子さん(66)は自宅で取材に応じ「場所が場所だけに(襲撃は)あり得ると思っていた。このような日が来ないことだけを祈ってきた」とやるせない様子。11月下旬まで2週間ほど帰省していたそうで「いつもサラッと出て行って、サラッと帰って来る人だった」としのんだ。また、ペシャワール会の福元満治広報担当理事(71)は「(事件を聞いて)胃がひっくり返る感じがした。ショックを受けている」と肩を落とした。

 ペシャワール会では、2008年にも日本人スタッフ・伊藤和也さん(当時31)がジャララバード近郊で武装グループに拉致され、その後、遺体で発見された。同州では反政府武装勢力タリバンのほか、過激派組織「イスラム国」(IS)も活動しているが、タリバンは事件への関与を否定。他の組織からの犯行声明も確認されていない。

 ◆中村 哲(なかむら・てつ)1946年9月15日、福岡県生まれ。九州大医学部卒業後、国内の病院勤務を経て84年にパキスタン北西部・ペシャワールの病院でハンセン病治療を始める。89年からアフガニスタンに活動を拡大。2000年からは同国で飲料水・灌漑(かんがい)用井戸事業を始める。専門は神経内科。88年外務大臣賞、96年厚生大臣賞、13年には菊池寛賞を受賞。16年旭日双光章受章。主な著書に「医者井戸を掘る」「アフガン・緑の大地計画」など。

 ◆ペシャワール会 福岡市に事務局を置く非政府組織(NGO)。1983年に結成。84年からパキスタンで治療や医療教育を実施し、2000年からは医療事業の一環としてアフガニスタン東部一帯で水源確保も始めた。長年の活動で住民の信頼は厚く、中村さんが「アジアのノーベル賞」といわれるマグサイサイ賞を03年に受賞するなど国際的にも評価が高い。

 ◆吉永小百合「許せない」

 〇…中村さんらの活動を紹介したDVD「アフガニスタン 用水路が運ぶ恵みと平和」(16年)で、朗読などを担当した女優・吉永小百合(74)は「許せないという気持ちでいっぱい」とコメント。「直接お目にかかったことはないのですが、中村さんらがアフガニスタンの人々のために続けてきた平和活動に共感し、何とか応援したいと思っていました」と話した。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請