【札幌】鈴木武蔵、目標15点にあと2 最終戦で勢いつけ代表1号決める

ミニゲームで豪快なシュートを放つ鈴木
ミニゲームで豪快なシュートを放つ鈴木

 J1北海道コンサドーレ札幌FW鈴木武蔵(25)が、目標を達成し代表初ゴールへ弾みをつける。4日、東アジアE―1選手権(10日~、韓国)に臨む日本代表が発表され、札幌からは鈴木が名を連ねた。「また選ばれたのは光栄な事。しっかりと戦って来たい」。雪の積もる宮の沢での練習後、決意を口にした。

 7日には今季最終のホーム・川崎戦が控える。ここまで13得点と、シーズン前の目標に掲げた15得点にあと2得点だ。現在のJ1トップが、マルコス・ジュニオールと仲川輝人(ともに横浜MのFW)の15得点とあって、鈴木は「得点王とも2点差なので。出来るだけ多く点を取って、勝って今季を終えたい」と誓いを立てた。

 代表では5試合に出場もまだ得点はない。「気張り過ぎても点は入らない。いつも通り、札幌でやっている自分でいれば、自ずと結果は出る。自然体でできれば」。待望の初弾へ、1年間の積み上げを川崎戦で発揮し、自信を持って韓国に乗り込む。(砂田 秀人)

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請