【F東京】東アジアE―1選手権に4人が選出 橋本「存在価値をアピールしたい」

橋本拳人
橋本拳人

 4日に発表された東アジアE―1選手権(10日~18日、韓国)の日本代表に、F東京からは今大会最多の4人が選出された。継続的にA代表に招集されているMF橋本拳人(26)は、「海外組がいるいないに関わらず、日本代表でプレーすることはアピールの場だと思っている。自分の存在価値をしっかりアピールしたい」と意気込んだ。11月14日の国際親善試合・ベネズエラ戦は、1―4の完敗を喫した。直後の代表活動ということもあり、「悔しい思いは今でも持っている。また代表でプレーできることをうれしく思うし、結果を残したい」と思いを口にした。DF室屋成(25)も引き続き、選ばれた。

 さらに、DF渡辺剛(22)とFW田川亨介(20)が初招集。渡辺は、10月のブラジル遠征でU―22日本代表に初招集されたばかりで、「誰も予想していないことがまた起きたなって感じです。思い切って自分のストロングを出したい」と意気込み、田川は「アグレッシブにやりたいし、物おじしないで食らいついていきたい」と気合いを込めた。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請